Drobo FS ファーストインプレッション [NAS部分編]

Drobo FS の NAS化部分のレビューです。

Drobo FSには DroboShare と同じように NAS化機能を搭載するために Linux OS を使用しています。
Linux系 OS と聞くとどうしても一番最初に実行してみたいコマンドは dmesg です。

Drobo FS の DroboApps 機能を有効化した上で、Dropbear SSH を追加して dmesg ログを取得してみました。

Linux version 2.6.22.18 (root@jwinfield01) (gcc version 4.2.0 20070413 (prerelease)) #1 Wed May 12 18:34:06 PDT 2010
CPU: ARM926EJ-S [41159260] revision 0 (ARMv5TE), cr=00053977
Machine: Feroceon-MV78XX0
Using UBoot passing parameters structure
Memory policy: ECC disabled, Data cache writeback
On node 0 totalpages: 131072
  DMA zone: 1024 pages used for memmap
  DMA zone: 0 pages reserved
free_area_init_core: realsize: 48128, size: 131072, memmap_pages: 1024
  DMA zone: 48128 pages, LIFO batch:15
  Normal zone: 0 pages used for memmap
free_area_init_core: realsize: 0, size: 0, memmap_pages: 0
CPU0: D VIVT write-back cache
CPU0: I cache: 32768 bytes, associativity 4, 32 byte lines, 256 sets
CPU0: D cache: 32768 bytes, associativity 4, 32 byte lines, 256 sets
Built 1 zonelists.  Total pages: 48128
Kernel command line: console=ttyS0,115200 mtdparts=cfi_flash_0:3m@30464k(kernel),21m@33536k(root_fs),2m@59m(var) root=/dev/mtdblock1 rw cpu0=eth0,eth2,eth3,pcie0,pcie1,sata,nand,spi,usb0,usb1,usb2,tdm cpu1=eth1,nor,xor ip=169.254.1.0:169.254.123.234:::DB78xx0:eth0:none
IRQ initialize for core 1
PID hash table entries: 1024 (order: 10, 4096 bytes)
Console: colour dummy device 80x30
Dentry cache hash table entries: 32768 (order: 5, 131072 bytes)
Inode-cache hash table entries: 16384 (order: 4, 65536 bytes)
Memory: 512MB 0MB 0MB 0MB = 512MB total
Memory: 188800KB available (2984K code, 255K data, 108K init)
Calibrating delay loop... 799.53 BogoMIPS (lpj=3997696)
Mount-cache hash table entries: 512
CPU: Testing write buffer coherency: ok
NET: Registered protocol family 16

  Marvell Development Board (LSP Version 2.0.2_Patch1_MV78XX0)-- DB-MV78200-A-BP  Soc: MV78200 LE
 Detected Tclk 200000000 and SysClk 400000000

最初の情報を見るかぎり、 Drobo FSのMPUは ARM926EJ-S (ARMv5TE) です。 DroboShare の MPUが ARM926EJ-Sid(wb) (ARMv5TEJ) だったため、これは同系統のMPUとなります。
Drobo FSの CPU は デュアルコア版の MV78200 LE、DroboShare は 88F5182 A2 です。
BogoMIPSによる簡易演算なので正確な比較はできませんが、 Drobo FSのCPU処理能力は 約 800 BogoMIPS、DroboShare の処理能力は 333 BogoMIPS です。
Drobo FSの搭載メモリは 512MB、DroboShare の 128MB と比較すると4倍の拡張です。

dmesg の残り部分については以下のリンクをご確認ください。


Drobo FSには Busybox 1.14.2、DroboShare には BusyBox 1.1.2 が採用されています。 Drobo FSの Busybox がサポートする命令は290個、DroboShare がサポートする命令は 146個です。

DroboShare では欠けていたフィルタ系の命令等が補完されているため Drobo FSではより高度なスクリプトの構築が可能です。

Busybox の構成の詳細については以下のリンクをご確認ください。

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン