ActiveImage Protector 豆知識 ~ uEFI GPT構成イメージのボリューム単位のリストア手順 ~

uEFI GPT 構成のイメージからのベアメタルリカバリーは、ディスク単位でリストアすることを推奨していますが、バックアップ元よりリストア先ディスクのサイズが小さいと、以下のように「復元元以上のサイズを持つ別の復元先を選択してください。」とメッセージが表示されリストアできません。

本記事では、この場合の解決策としてベアメタルリカバリーをボリューム単位で行う(備考1)手順を紹介します。

備考1:ActiveImage Protector(AIP)には、シュリンクオンザフライというNTFSのボリュームを縮小してボリューム単位でリストアする機能が実装されています。

※ボリューム単位のリストアの際の注意
ベアメタルリカバリーをボリューム単位で行う場合は、リストア先のディスクは事前に初期化しておく必要があります。
初期化されていないディスクにボリューム単位でリストアした場合は、0xc0000225または 0xc000000eのエラーが発生しシステムが起動しない場合があります。参考までに、この場合の解決策は以下になります。

解決策:
① AIP起動環境(Windows PE)を起動します。
② Ctrl + Shift + F12 を押下します。
③ 左パネルに「コマンド行」が追加されるのでクリックします。
④ 下記の3つのコマンドを入力します。
bcdedit /set {bootmgr} device partition=D:
bcdedit /set {default} device partition=D:
bcdedit /set {default} osdevice partition=D:
⑤ AIP起動環境(Windows PE)を終了し、Windowsを起動します。

■ボリューム単位のリストア手順
1)リストア先ディスクの初期化
最初に、OSの「diskpart」コマンドを使用してリストア先のディスクを初期化します。AIP起動環境を起動して、「ユーティリティー」を選択、次に「コマンドプロンプトを起動」をクリックします。

コマンドプロンプトの画面が開いたら、ディスクを初期化するために、下記のコマンドを実行します。

① 「diskpart」と入力します。
② DISKPARTという新しいウィンドウが開きます。ここで今度は「list disk」と入力します。ディスクのリストが出てきますので、初期化したいディスクを選択します。
③ ディスク0を初期化する場合は、「select disk 0」と入力しています。
④「list disk」と入力して、「*」印の位置を確認します。「*」印の付いたディスクが対象のディスクです。容量などを確認して初期化したい対象のディスクになっているか必ず確認します。
⑤「clean」と入力します。「DiskPartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。」と出れば、復元先のディスク0の初期化は完了です。

※ディスクの初期化後に、リストアを実行する前にAIP起動環境を再起動させます。

2)ボリューム単位のリストア
WindowsPE ベースのAIP起動環境からのリストア操作の「復元設定」から説明します。
※今回のリストア手順は、ディスクサイズ100GB環境のイメージを80GBのディスクにボリューム単位でリストアしています。

リストア先ディスクのフォーマットを行います。リストア先のディスク枠(リストア先のディスクマップの左部分)にカーソルをあて右クリックして「ディスクの初期化」をクリックします。

ディスクの初期化ダイアログが表示されますので、GPT を選択し「OK」をクリックします。

ディスクマップ上のリストア対象となる各ボリューム(例:回復、uEFI、Cボリューム、Dボリューム)に対して、カーソルをあて右クリック、リストア先は「未割り当て」領域を指定(備考2)する操作を順番に行います。

備考2:あらかじめリストア先のボリュームをサイズ指定して作成してからリストアすることもできます。

全てのリストアするボリュームの設定が完了した状態で、「次へ」をクリックします。

確認画面から「完了」をクリックし、リストアを実行します。

全てのボリュームのリストアが完了したら、再起動しリストア作業は完了です。

システムが起動したら、ディスクの管理より80GBのディスク上に、回復、uEFI、Cボリュームは同じサイズ、Dボリュームは縮小されてリストアされていることが確認できます。

uEFI GPT構成イメージのバックアップ元より小さいサイズのディスクへのボリューム単位のリストア手順の紹介は以上ですが、どこまで小さなサイズのディスクにリストア可能なのかについては、ディスクの仕様に関わる部分もあり具体的に明言できませんが、少なくともバックアップ元と同サイズのディスクを用意したのに、製造メーカーやロットにより若干サイズが異なることがあり、リストアできないという問題は解決できます。

今後もActiveImage Protectorの豆知識をブログで紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

アクティファイ初!待望のアプライアンスサービス いよいよリリース!

現在弊社では、コロナ禍とアフターコロナを見据えたビジネス展開を模索しつつ、日々新しい事を妄想(?)して営業活動を進めています。

オンライン商談(勉強会)のActiphy Meetも最近では頻繁に開催してお客様との交流は増えていますが、リアルと違い、ダイレクト感が今一つ物足りないと感じています。説明している熱量に応じてPCが震えるのはどうだろう?とかVR空間の商談ルームがあったら良いのか?など本当にしょーもない事も考えている中で、今回、以前から実現させたいと思っていたアプライアンスサービスが、いよいよ2020年11月16日(月)大安吉日に販売開始されます。

製品名は、「ActiveImage&QNAP コラボレーション Edition」です。

今回のアプライアンス型は、QNAP製のストレージと組み合わせた、まさかのクラウドストレージでないサービスです。正規代理店の株式会社フォースメディア様と協業し、ダイワボウ情報システム株式会社様の運営するサブスクリプション管理ポータルiKAZUCHI専売でのリリースとなります。既にiKAZUCHIでは、今年の7月16日よりActiveImage Protector Server EditionDesktop Editionの販売を開始しております。

例えば下記のような環境にベストマッチします。

〇中小企業の数台のサーバー、クライアントPCの保護を考えたいが、なかなか予算が取れない。

〇部門マシンの保護を手軽に行えるサービスはないかな?

〇仮想マシンを入れているけれどBCP等の初期費用が高くて・・・

〇ITエンジニアがいないので操作が難しいものは避けたい・・・

〇管理者が1名で手が回りません。

〇あまり大がかりではなくて、手軽に保護したいだけです。

このような方々に向けたサービスとなります。

・初期費用不要

・月額16,500円(税別)のみ

・必要な物はオールインワンで、これ以上の費用はかかりません。

・サーバー、パソコン、台数制限はありません。

下図のようにWindows系のマシンであれば、サーバーもパソコンも何でもバックアップ対象として、QNAPに安全に保管する事が可能です。

社内にサービス開始日に到着するQNAPを簡単に設置して、後はバックアップ対象としたいマシンに次々と専用のActiveImage Protectorをインストールするだけで運用に即入れるのです。

専用の ActiveImage だけに設定はいたってシンプルです。

今回のサービス用のQNAPのスペックにも拘っています。

■保存先について

・QNAP社製 TS-453D

・Intel® Celeron ® J4125クアッドコア2.5GHzプロセッサ

(最大2.7GHzまでバースト)

・4GBDDR4メモリ  

・RAID5(1TB×4) RAID5 Userエリア最大2.7TB

・NASパフォーマンス重視の場合、Userエリア80%推奨

ユーザーエリアについても、標準で2.2TBあります。もちろんRAID5の構成で安心です。

サービス契約期間中はハードウェア保守も含まれています。

また、今回のために開発した ActiveImage Protector は、完全専用製品です。

ネットワーク上のこのサービスで使用するQNAPを自動認識して、保存先として選択する事が可能です。デフォルトでは出荷状態からあるaipbackupフォルダに保存先設定を行うだけで完全クイックスタートを実現しました。

また、2.2TBも容量は使い切れない場合でも、空いている領域はファイルサーバとする事も可能です。

事業の規模が拡大する場合などはレプリケーション機能などを活用してBCP、DR対策にそのまま流用する事も可能です。もちろん、容量が足りない!となった場合には、是非もう1サービス追加して頂ければ問題ありません。

導入後のサポートもアクティファイでは力を入れていますので、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

製品のデモの準備も完了していますので、ご覧になりたい方は Actiphy Meet からお気軽にお申込みください。

新サービス含め、ActiveImage Protectorを宜しくお願い申し上げます。

By Sato

増分バックアップに対応した、ActiveImage Protector 2018 Update for Express5800/ft リリースのご案内

11月6日(金)に、増分バックアップ対応のNEC ftサーバ専用の以下2製品の販売を開始しました。

ActiveImage Protector 2018 Update for Express5800/ftサーバ

ActiveImage Protector 2018 Update for Express5800/ft Virtual

今まで ActiveImage Protector for Express5800/ftサーバは、NEC ftサーバのミラードライバーと ActiveImage Protector の増分バックアップのためのトラッキングドライバーという、両製品のフィルタードライバーの競合リスクを考慮し、安全のために増分バックアップ機能の使用を制限していました。

今回、新しくリリースする ActiveImage Protector 2018 Update(Update7)は、増分バックアップのコアテクノロジーの変更により、トラッキングドライバーを使用しない方式になりました。これにより、NEC ftサーバのミラードライバーとの競合リスクがないこと、且つ、1ヶ月に及ぶ検証作業の結果を踏まえて増分バックアップ機能の使用制限を解除することにしました。

■ 増分バックアップとは

ここで、おさらいとなりますが増分バックアップ機能の有効性について解説します。

ActiveImage Protector は、セクターベース(備考1)のディスクイメージングによる、フルバックアップと増分バックアップが行えます。増分バックアップは、前回のバックアップからの変更・追加されたデータ部分のみをバックアップします。

例えば、バックアップのスケジュール設定で、日曜日にフルバックアップ、月曜日から土曜日まで増分バックアップを行うとします。日曜日のフルバックアップ後、月曜日のバックアップはフルバックアップからの変更・追加分のみがバックアップされます。

次に、火曜日のバックアップは月曜日のバックアップからの変更・追加分がバックアップされ、水曜日以降も同じようにバックアップが行われます。土曜日のバックアップ完了時点では、フルバックアップに加えて、6つの増分バックアップが作成されることになります。

この様に、増分バックアップは、前回のバックアップからの変更・追加分だけをバックアップしますので、バックアップにかかる時間や保存先の容量を大幅に削減できるメリットがあります。

復元においては、例えば、木曜日のバックアップ時点に復元したい場合、日曜日のフルバックアップおよび月曜日から木曜日の増分バックアップを含めて全部で5つのバックアップが必要になりますが、実際の復元操作は、復元したい木曜日のバックアップ(復元ポイント)を選ぶだけでワンステップで復元が行えます。

※備考1:セクターとは

コンピュータのハードディスク(HDD)などの記憶装置に用いられるディスク状の記憶媒体における最小の記録単位を「セクター」といいます。

ディスク型の媒体はまず、木の年輪のように一定間隔の同心円で分割されたドーナツ状の「トラック」に分割される。トラックの内部は一定の角度ごとに半径によって区切られ、小さな扇子型の領域に分割される部分を「セクター」といいます。

■ 最後に

2009年4月に、NEC社との協業によりNEC ftサーバ専用の ActiveImage Protector をリリースしましたが、今まで多くのNEC ftサーバをご利用のお客様から「増分バックアップ」対応のご要望をいただいていました。

今回、増分バックアップ対応のftサーバ版のリリースにより、お客様のバックアップ運用の向上にお役立ていただければ幸いです。

今後とも ActiveImage Protectorならびに㈱アクティファイ をどうぞよろしくお願いいたします。

■ 参考資料

●製品紹介ページ

ActiveImage Protector 2018 Update for Express5800/ftサーバ

ActiveImage Protector 2018 Update for Express5800/ft Virtual

● 評価版申込ページ

https://www.actiphy.com/ja-jp/form/trial-activeimage-protector/

NEC社のCLUSTERPRO X4.2に対応した 「ActiveImage Protector 2018 Update for CLUSTERPRO」のご紹介

10月2日に、NEC社のHAクラスタソフトの最新バージョン「CLUSTERPRO X4.2 for Windows(以降、CLUSTERPRO)」に対応したバックアップツール「ActiveImage Protector 2018 Update for CLUSTERPRO(以降、ActiveImage Protector)」をリリースしました。

今回は、CLUSTERPRO 環境のバックアップの必要性と「ActiveImage Protector 2018 Update for CLUSTERPRO」の導入のメリットについて説明していきます。

ご存じのように CLUSTERPRO は、複数台のサーバーを用いてクラスタシステムを構築することで、システムに障害が発生した場合でも、健全な「待機系サーバー」に業務を引き継ぎ、わずかなダウンタイムで業務を継続させることができるHAクラスタソフトです。

NEC社の資料によると、HAクラスタソフトの分野で19年連続国内シェアNo.1の実績を誇り、止めることが許されないミッションクリティカルなシステムには欠かすことができない高可用性ソリューションといえます。

CLUSTERPRO 環境のバックアップは不要でしょうか?

CLUSTERPRO 環境において、バックアップは不要ではないかと考えてしまいがちですが、システムダウンやデータ消失のリスクがあることを理解しなければなりません。

以下の表は、システムダウンやデータ消失のリスク要因とCLUSTERPRO がカバーしている範囲を示しています。重要な点は、CLUSTERPRO によりHA構成にしてもリスク要因の「人為的ミス」や「ウイルス感染」には対応できないことです。

①人為的ミス

人間が操作することからミスは少なからず発生するもので、何らかの原因で間違って大事なデータを消してしまう事もありえます。また、ミス防止のために処理を自動化している場合でも、バッチ処理のスクリプトが間違っていたために、データが丸ごと消失した事例もあります。

②ウイルス感染

弊社のブログでも度々話題にあげている「ランサムウェア」に代表されるコンピュータウイルスは、事業継続を脅かす大きな脅威になっています。万一、ウイルスに感染したサーバーを復旧するには、データを復旧する前に感染したサーバー内のウイルスを駆除する必要があることを忘れてはなりません。ウイルスを駆除する方法としては、セキュリティソ対策フトが有効ですが万能ではありませんので、ウイルスによっては駆除できずに再発した事例もあります。また、駆除するためにはウイルスのプログラムの削除以外に、手作業でOSのレジストリーからの削除も必要になる場合があり、危険な操作を伴う作業となります。

■ ウイルスに感染したサーバーを安全に復旧するには?

ウイルスに感染したサーバーを安全・確実に復旧するには、OSを初期化してシステムを再構築することです。しかし、再構築には膨大な作業工数が必要となることから、サーバーの再稼働までに多くの時間が必要とされています。

以下は、データのみバックアップを取得した場合とActiveImage Protector のバックアップからの復旧手順を示しています。データのみのバックアップからの復旧には、多くの工数と時間が必要になります。

■ ActiveImage Protector 導入のメリット

以下は、ActiveImage Protector を使用したCLUSTERPRO 環境のバックアップ構成例です。データだけでなく両ノードのシステムをまるごと一括でバックアップできます。また、復元は健全な時点のバックアップからシステムおよびデータをワンステップで復元できます。

①耐障害性強化

高可用性を実現するCLUSTERPROとの組合せにより、システムの強力な耐障害性を実現することが可能です。

②CLUSTERPRO 環境での動作検証済み

対応 CLUSTERPRO バージョンは、弊社内で十分な動作検証を行っています。また、専用のバックアップ運用ガイドを内製していますので安心して導入が可能です。

③導入コスト

CLUSTERPRO のHAクラスタ構成に対して、お得なライセンス価格を設定しています。

■ 最後に

ActiveImage Protector の CLUSTERPRO 版は、忘れもしない2011年の東日本大震災の年にNEC社との協業によりリリースを開始して、あっという間に来年は10周年を迎えます。継続は力なりということわざがありますが、今後もさらにCLUSTERPRO 環境の快適で安定したバックアップ運用をお届けして参ります。

また、弊社 CLUSTERPRO の販売パートナーとして、ActiveImage Protector とCLUSTERPRO のバンドル製品をお得な価格設定で提供していますので、新規購入のお客様は、是非検討いただけますと幸いです。

・バンドル製品:ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO X

◇ 参考情報

ActiveImage Protector for CLUSTERPRO製品紹介サイト

ActiveImage Protector for CLUSTERPRO評価版申込サイト

低コストでシステムのDR対策を実現「ActiveImage Protector 2018 Update for RDX」のご紹介

今回は、低コストで実現するシステムのDR対策(災害復旧対策)として、「ActiveImage Protector 2018 Update for RDX」の活用例について紹介します。

近年の度重なる集中豪雨や台風による水害などの自然災害、火災、ランサムウェアに代表されるコンピュータウイルスは事業継続を脅かす脅威になっています。これらの災害時に、迅速な復旧による事業継続のシナリオを確保するためには、バックアップによるシステムやデータの保護は必要不可欠といえます。

しかし、災害によってすべてのバックアップデータが一気に消失したら、業務継続はもちろんですが、企業としての信頼を損なう可能性があります。このため、バックアップデータをリモートサイトやクラウドストレージなど安全な場所に保管するための対策が必要になります。ただし、膨大なバックアップデータをネットワーク経由で転送するための高速な回線やバックアップ保存先の大容量のストレージなど設備が必要となることから、限られた予算の中で対策を実現することは依然として重要な課題となっています。

災害復旧対策の1つの現実解

DR対策として、タンベルグデータ社のRDXをバックアップ保存先として使用する専用バックアップツール「ActiveImage Protector for RDX」について活用例を交えて紹介していきます。

◇ ActiveImage Protector for RDXの特長

① シンプルなバックアップ構成

ActiveImage Protector for RDXは、WindowsおよびLinuxサーバーに、USBに接続したRDX装置(*1)にシステムおよびデータを丸ごと簡単にバックアップできます。また、大容量のサーバーやNASについては、複数のRDXカートリッジを1つのカートリッジとして使用することも可能な最大8つのRDXカートリッジを搭載可能なiSCSI接続のRDX装置も利用できます。

* 1:RDX(Removable Disk Exchange system)とは

DDSやDATテープの代替を主な目的に開発されたHDDを内蔵したカートリッジをRDXドライブに着脱して使用するバックアップ装置です。小型で軽量なカートリッジは非常に頑丈な設計で、持ち運び・外部保管に適しているので災害対策もできるバックアップ装置です。

② バックアップデータを暗号化して安全に外部保管が可能

RDXカートリッジは、可搬性や外部保管にすぐれていますので、高速なネットワーク接続や高価な保管先のストレージが無くても、定期的にRDXカートリッジを取り外してリモートサイトへの搬送や耐火金庫に保管して、バックアップデータを災害から安全に保護することができます。また、不測の事態にはRDXカートリッジを手でもって安全な場所に避難するだけでもバックアップデータを保護することができるのです。さらに、ActiveImage Protector for RDXは、バックアップデータを暗号化してRDXカートリッジに保存する機能を搭載していますので外部保管も安心です。

③ 自動イジェクト機能によるバックアップデータのオフライン化

ランサムウェアはネットワークを介して感染を広げることから、ネットワークに接続されているストレージのバックアップデータまで暗号化される可能性があります。この点を考慮すると、バックアップ保存先はネットワークから完全に隔離できる媒体を選択することも有効な対策となります。

ActiveImage Protector for RDXは、バックアップ終了後など以下のタイミングでRDXカートリッジを自動的にイジェクトしてオフラインにする機能を搭載しています。これにより、RDXカートリッジを取り外し忘れるというミスをなくすことで、バックアップデータの損失やウィルス感染のリスクを軽減することができます。

・週単位: 特定曜日の最後のバックアップ完了後

・日単位: 毎日特定の時間

・バックアップ終了後: 毎回バックアップ完了後

◇ 最後に

自然災害、火災、ウィルスなどの災害に対して、100%未然に防ぐことは不可能であることを考慮すると、日々のバックアップ運用はもちろんですが、バックアップデータの保護も重要となります。しかし、バックアップデータの保護対策まで手が回らず後回しになっているケースが多いのではないでしょうか。

今回、DR対策として低コストで簡単に導入できる「ActiveImage Protector for RDX」を検討いただければ幸いです。

参考情報

ActiveImage Protector for RDX 製品紹介サイト

ActiveImage Protector for RDX 評価版申込サイト

タンベルグデータ社 RDX 紹介サイト

データストレージ社のWindows用 RDX バンドルモデル紹介サイト

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン