Wasabiテクノロジーアライアンスパートナーに

この度、弊社はWasabi Technologies(Wasabi)社のWasabiテクノロジーアライアンスパートナーになりました。
今後、両社の専門知識・技術を活かしたより良いサービスをお客様にご提供いたします。

Wasabi社は、米国を拠点とするオブジェクトストレージサービスプロバイダーです。Wasabi Hotクラウドストレージと呼ばれる大容量かつ低価格で使える​クラウドストレージサービスを提供しています。

そして、最も注目されるのは、データ転送料が発生しないということです。Amazon S3であれば転送量に対する課金が発生しますが、Amazon S3互換のWasabiでは転送量に対しての課金が発生しません。つまりいくらデータをダウンロードしても追加料金が発生しないということです。

Wasabi社の公式サイトにActiphy&Wasabiのソリューション概要が掲載されています。英語ではありますが、興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。

Wasabiは現在、国内では東京と大阪のリージョンに対応しております。

● 東京リージョン: ap-northeast-1
● 大阪リージョン: ap-northeast-2

本ブログでは、ActiveImage Protector 2022(AIP 2022)の最新版(ビルド番号:6.5.0.7616)を使用し、Wasabiクラウドストレージへのバックアップ手順を簡潔にまとめてご紹介します。バックアップソリューションを検討している方はぜひ活用してみてください。

1.Wasabi Hot Cloud Storage試用版の申込み

Wasabi社公式サイトで申込みフォームに情報を記入して送信すると、Wasabi Supportからのメールが届きます。

2.Wasabi Hot Cloud Storageのアカウントの作成

メール本文の「Create Account」ボタンをクリックし、Wasabi Hot Cloud Storageのアカウントを作成します。パスワードを設定してから、サインアップします。

3.Wasabi Hot Cloud Storageのバケットとアクセスキーの作成

「バケット」をクリックし、バケットを作成します。バケット名は、小文字または数字で始める必要があるので、ご注意ください。バケット名は「aip-backup-test」としました。

バケットを作るときにリージョンの選択が必要です。ここでは東京リージョン「ap-northeast-1」を選択しました。あとはデフォルトのままウィザードを進めましょう。

バケットの下に、フォルダを作成することも可能です。ここでは、「test01」のフォルダを作成しました。

次は、「アクセスキー」を選択、新しいアクセスキーを作成します。ここで表示されている「アクセスキー」と「秘密鍵」をメモしておきましょう。

4. ActiveImage Protector 2022でバックアップ対象を選択して、[次へ]をクリックします。

5. 「フォルダを選択…」をクリックし、Wasabiストレージを入力した後、[接続]をクリックします。

プロトコルをAmazon S3に指定し、取得したWasabi Hot Cloud Storageの「アクセスキー」と「秘密鍵」を入力します。「プロバイダーを指定する」を有効にしてWasabiの情報を指定します。「エンドポイント」には「s3.ap-northest-1.wasabisys.com」と入力します。

6. バックアップ保存フォルダを指定し、 [フォルダを選択]をクリックします。

7. 表示されている保存先を確認し、[次へ]をクリックします。

8. タスクタイプを選択し、 [OK]をクリックします。

今回は、「ワンタイム バックアップ」を選択します。

9. 設定した項目を確認後、[完了]をクリックします。

10. ポップアップを確認し、[OK]をクリックします。

ActiveImage Protectorのダッシュボードから、バックアップタスクのステータスを確認することができます。

11. タスク終了後、[イメージ管理]>「フォルダを選択…」をクリックし、指定したWasabiストレージの保存フォルダにアクセスし、バックアップ対象のコンピューター情報を確認することができます。

12.ウェブからも指定したWasabiストレージの保存フォルダにアクセスして、バックアップイメージが保存されていることを確認することができます。バックアップイメージのセキュリティを一層強化するため、バックアップイメージのファイル名がUUIDで表示されます。

また、二次保存先として、ActiveImage Protectorのスケジュールポストバックアップのレプリケーション機能でバックアップを指定するWasabiストレージにレプリケーションすることできます。

災害に備えて、普段できることからぜひ試してみてください。

ご不明な点がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

By Sales YBS

ActiveImage Protector とRDXについて


最近出張が増え、新幹線に乗る機会が増えましたが、新幹線も結構混んできているのを見て少しほっとしています。

しかし、IT機器など色々な物の生産が安定しないので、納期の話なども話題に上がっています。
そして、ランサムウェア対策と長期データ保管の件などの課題もたくさんある中で、弊社では昨年 ActiveImage Protector 2022をリリースしましたが、ActiveImage Protector 2018 Update for RDX についてはアップグレードをしていませんでした。5月末にアップデートをリリースした ActiveImage Protector 2022よりLTOに対応しましたので、最近そのお問い合わせが増加しており、そんな中、RDXについてもお問い合わせが増えています。

RDXは、LTOよりコスト面と扱いやすさなどから、取り外せる記憶媒体の選択肢としては、導入しやすい記憶媒体です。しかし、そんな中で ActiveImage Protector 2018 Update for RDXの販売終了のご案内となり、一部のマニアなお客様の間では話題となっていたようです。

「ActiveImage Protector 2018 Update for RDXでなければ、RDXを保存先として使用できないか?」といったお問い合わせをいただきますが、RDXはWindowsのマシンに接続した場合、認識はリムーバブルディスクとなります。そのため、Windows版に関しましては、一つ前のバージョン ActiveImage Protector 2018 Update Server Editionでもご使用いただくことが出来ます。このため、ActiveImage Protector 2022でも、RDXを保存先としてご利用いただくことが出来ます。

では、「何が for RDXだったか?」と思われると思いますが、バックアップ後に自動的に媒体をイジェクトする機能があるか?またはないか。の違いになります。

バックアップ完了後にRDXのメディアをイジェクトすることにより、ランサムウェアの感染予防対策などの目的があります。

ActiveImage Protector 2022は5月30日にアップデートを行い、ActiveImage Protector 2022 Server などにこのイジェクト機能がマージされました。

使用方法は ActiveImage Protector のコンソールより、下図のように環境設定から一般設定をクリックします。

すると下記のように設定画面が表示されますので、下記の部分にチェックを入れます。

上記の設定を行うと、バックアップタスク作成の保存先指定の画面で、下図のようにRDXに特化した設定画面が表示されます。この設定画面がfor RDX専用の画面と同様になります。

通常のActiveImage Protectorの画面では隔離オプションの画面となっており、上記の設定のRDXオプションのチェックを外した場合、ノーマルの下記のような設定画面が表示されます。

用途に合わせてRDXをイジェクトすると、ソフトウェア的な遮断とするか、または何もしないかをお客様のお好みで設定することができます。

今回アップデートしました ActiveImage Protector 2022 の Windows版では、このように for RDX の機能を含めたリリースとなっております。もちろん、RDXの他にNAS、USB機器、LTOにも対応しております。

尚、ActiveImage Protector 2018 Update Linux for RDXについては、ライセンスは ActiveImage Protector 2022 Linuxに統合され保存先としてRDXをサポートしておりますが、2022 Linuxにイジェクト機能はございません。

ActiveImage Protector はRTO削減できる実践的なバックアップソリューションです。

今後も様々なソリューションに発展するべく開発を進めてまいりますので、今後とも引き続き ActiveImage Protectorシリーズを宜しくお願い申し上げます。

ご不明な点はお気軽に弊社までご連絡ください。

By Sato

ランサム対策のお問合せ増えています。

今年は年明けからランサムウェア対策のお問合せが増えています。

ここ最近でも企業のランサム感染のニュースがあり、実際はランサムウェアだけではありませんが、システムを止めなくてはならない(システムが停止してしまう)状況になっています。

システム停止=業務も停止となり大問題になるのですが、さらにシステムの復旧が出来なければ問題が大きくなり被害が広がります。事業規模にもよりますが、今やパソコンやサーバーなどを使用していない法人はないかと思います。もちろん行政機関、病院、学校なども同様です。

完全なローカルエリアネットワークだけで運営するのは製造ラインなどではあるかと思いますが、インターネットへの接続をしているシステムが多く、それらの対策を本格的に考える必要があるようです。

続きを読む…

Amazon S3互換クラウドスドレージへの直接バックアップ保存

前回のブログでは、ActiveImage Protector 2018でAmazon S3と互換性のあるWasabiクラウドストレージへのバックアップレプリケーション方法をご紹介しました。ActiveImage Protector 2022のリリースにより、レプリケーションだけでなく、バックアップイメージを幅広いAmazon S3互換ストレージへ直接保存することが可能になりました。
今回は、Amazon S3互換ストレージへ直接バックアップする手順をご紹介します。

続きを読む…

ActiveImage Deploy USBの作業と注意点

ActiveImage Deploy USB (以降、一部DeployUSBと略)は、Windowsのパソコン/サーバーのキッティングを簡単に短時間で行うことが可能な、ライセンス消費型のデプロイツールです。

Windows OSへの必要なソフトウェアの導入、一般化(Sysprep)後、作成したデプロイ用USBデバイスから起動して、1クリックでUSBデバイス内にイメージを取得します。

一般化(Sysprep)を含むキッティング操作については、セミナー(Webinar、参加費無料)を定期的に公開していますので、参加をご検討下さい。尚、Sysprepに関するトラブルシュートについて、弊社サポート窓口での対応は行っておりません。

この記事は、基本的にはセミナーの内容以外の、起動環境の作成からリストアまでの作業における注意点をある程度纏めた資料です。尚、今後DeployUSBは、画面のレイアウトなどを刷新するため、画像の内容は参照する時期により古い場合がありますが、使用方法や注意点は変わりません。

続きを読む…

NEC ftサーバ専用の新バージョン「ActiveImage Protector 2022」の販売開始

最終的な検証を終え、4月15日(金)新バージョン「ActiveImage Protector 2022」ベースのNEC ftサーバ専用の以下2製品の販売を開始しました。

2009年から、NEC社との協業によりNEC ftサーバ専用のActiveImage Protectorを販売していますが、今回はどんな機能がアップデートされたのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

続きを読む…

ActiveImage Protector(AIP) トラブルシュート その2 書き込みエラー編

ActiveImage Protectorでバックアップ運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば、何が起きているかある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。

エラーコードを公開していますのでご参照ください。

今回は -553と-559について取り上げます。エラーは下記を意味します。

-553 : 開いているファイルはありません(保存先にアクセスができない)
-559 : 保存先への書き込みエラー(保存先への書き込みが継続できない)

続きを読む…

ライセンスはサブスクですか?永続ですか?

すっかり暖かくなった今日この頃、月日の移り変わりの早さを実感しています。
もし、コロナがなかったらこの2年はどうなっていたのか?とたまに考えてしまいます。
そんな、もしも、を考えるとオカルト的な時間並列世界とか、同じ時間は複数流れている、などの話の可能性を考えるのですが、ネットを見ていると量子力学の話を見る機会があり、少し読んでいくと有名な二重スリット実験の話が出てきました。

簡単に言えば、干渉しないように単発発射した電子が1個のスリットを抜けた場合は、1本線のようにまとまっているが、2個のスリットを通した場合、なぜか千渉縞になってしまうといった内容です。原因を調べるために観測を行うと結果が2本線のように変化してしまうという量子力学では有名な、解明されていない謎の話を発端に色々みていくと並行世界などの可能性は個人的には十分あり得ると思ってしまいました。話が長くなるので、ご興味ある方は色々ネット上に最新のテスト結果などがありますのでご覧ください。

今回のお話、ソフトウェアはサブスクリプションライセンスがここ数年始まっています。世の中には、車も服も何でもサブスクの月額固定費用で使用出来るサービス的な物が増えています。その波がバックアップソリューションにも来ており、弊社以外のバックアップメーカーではサブスクリプションのみのリリースに切替されたりしているようですが、弊社も実はとっくにサブスクリプションライセンスの販売を開始していました。海外ではかなり以前より販売していましたが、国内ではダイワボウ情報システム様運営のiKAZUCHIにてリリースしています。
詳細は下記をご覧ください。

続きを読む…

ActiveImage Protector(AIP) トラブルシュート その1 VSSエラー編

ActiveImage Protectorの運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。
調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば何が起きているか、ある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。

エラーコードを公開しているのでご参照ください。

今回は -311 VSSを開始することができません について取り上げます。

続きを読む…

for Hyper-VがVirtualに統合された話

今期早くも終盤となり、1年経つのが異常に早く感じます。
営業としては、リアルな展示会が0で、お客様を訪問出来た期間が延べ3週間程度という状況で、ActiveImage Protector 2022がリリースされても販促ができないため、色々とご説明不足が多くご不便をおかけしております。

そのような中、ActiveImage Protector 2018 for Hyper-V が来月2022年4月末で販売終了となり、実質 ActiveImage Protector 2022 Virtualに統合される形となります。では気になる部分として、運用が変わるのか?という疑問が出てくると思いますが結論からご説明すると、運用を変更せずに運用する事も、変更して運用する事も出来ますので、運用方法の幅が広がったと考えて頂ければ幸いです。

続きを読む…