Wasabiテクノロジーアライアンスパートナーに

この度、弊社はWasabi Technologies(Wasabi)社のWasabiテクノロジーアライアンスパートナーになりました。
今後、両社の専門知識・技術を活かしたより良いサービスをお客様にご提供いたします。

Wasabi社は、米国を拠点とするオブジェクトストレージサービスプロバイダーです。Wasabi Hotクラウドストレージと呼ばれる大容量かつ低価格で使える​クラウドストレージサービスを提供しています。

そして、最も注目されるのは、データ転送料が発生しないということです。Amazon S3であれば転送量に対する課金が発生しますが、Amazon S3互換のWasabiでは転送量に対しての課金が発生しません。つまりいくらデータをダウンロードしても追加料金が発生しないということです。

Wasabi社の公式サイトにActiphy&Wasabiのソリューション概要が掲載されています。英語ではありますが、興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。

Wasabiは現在、国内では東京と大阪のリージョンに対応しております。

● 東京リージョン: ap-northeast-1
● 大阪リージョン: ap-northeast-2

本ブログでは、ActiveImage Protector 2022(AIP 2022)の最新版(ビルド番号:6.5.0.7616)を使用し、Wasabiクラウドストレージへのバックアップ手順を簡潔にまとめてご紹介します。バックアップソリューションを検討している方はぜひ活用してみてください。

1.Wasabi Hot Cloud Storage試用版の申込み

Wasabi社公式サイトで申込みフォームに情報を記入して送信すると、Wasabi Supportからのメールが届きます。

2.Wasabi Hot Cloud Storageのアカウントの作成

メール本文の「Create Account」ボタンをクリックし、Wasabi Hot Cloud Storageのアカウントを作成します。パスワードを設定してから、サインアップします。

3.Wasabi Hot Cloud Storageのバケットとアクセスキーの作成

「バケット」をクリックし、バケットを作成します。バケット名は、小文字または数字で始める必要があるので、ご注意ください。バケット名は「aip-backup-test」としました。

バケットを作るときにリージョンの選択が必要です。ここでは東京リージョン「ap-northeast-1」を選択しました。あとはデフォルトのままウィザードを進めましょう。

バケットの下に、フォルダを作成することも可能です。ここでは、「test01」のフォルダを作成しました。

次は、「アクセスキー」を選択、新しいアクセスキーを作成します。ここで表示されている「アクセスキー」と「秘密鍵」をメモしておきましょう。

4. ActiveImage Protector 2022でバックアップ対象を選択して、[次へ]をクリックします。

5. 「フォルダを選択…」をクリックし、Wasabiストレージを入力した後、[接続]をクリックします。

プロトコルをAmazon S3に指定し、取得したWasabi Hot Cloud Storageの「アクセスキー」と「秘密鍵」を入力します。「プロバイダーを指定する」を有効にしてWasabiの情報を指定します。「エンドポイント」には「s3.ap-northest-1.wasabisys.com」と入力します。

6. バックアップ保存フォルダを指定し、 [フォルダを選択]をクリックします。

7. 表示されている保存先を確認し、[次へ]をクリックします。

8. タスクタイプを選択し、 [OK]をクリックします。

今回は、「ワンタイム バックアップ」を選択します。

9. 設定した項目を確認後、[完了]をクリックします。

10. ポップアップを確認し、[OK]をクリックします。

ActiveImage Protectorのダッシュボードから、バックアップタスクのステータスを確認することができます。

11. タスク終了後、[イメージ管理]>「フォルダを選択…」をクリックし、指定したWasabiストレージの保存フォルダにアクセスし、バックアップ対象のコンピューター情報を確認することができます。

12.ウェブからも指定したWasabiストレージの保存フォルダにアクセスして、バックアップイメージが保存されていることを確認することができます。バックアップイメージのセキュリティを一層強化するため、バックアップイメージのファイル名がUUIDで表示されます。

また、二次保存先として、ActiveImage Protectorのスケジュールポストバックアップのレプリケーション機能でバックアップを指定するWasabiストレージにレプリケーションすることできます。

災害に備えて、普段できることからぜひ試してみてください。

ご不明な点がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

By Sales YBS

ActiveImage Protector 豆知識 ~ ImageCenter LE の増分ファイルの結合機能の仕組みについて ~

今回は、ImageCenter LE(※1)に搭載されている増分ファイルの結合機能の仕組みについて解説します。

(※1):ImageCenter LEは、バックアップ元のサーバーに負荷をかけることなく、ActiveImage Protectorとは別のサーバーでバックアップファイルのレプリケーションや増分ファイルの結合(コンソリデーション)が行える ActiveImage Protector の無償オプションです。ダウンロードはこちら

まず、ImageCenter LEの増分ファイルの結合処理のタイミングは、以下の3つから選択できます。

1)即時

新しいイメージ ファイルが作成されるとすぐにタスクが実行されます。

続きを読む…