ActiveImage Protector(AIP)トラブルシュート その3 パイプラインエラーとプラットフォームエラー等

ActiveImage Protector でバックアップ運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば、何が起きているかある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。エラーの原因究明が困難の場合には、サポート情報をご提供頂き、調査が必要になります。

エラーコードを公開しているのでご参照ください。

今回は -701 と -999ついて取り上げます。エラーは下記を意味します。

-701 : パイプラインエラー
-999:予期しないPlatformのエラー

-701は、AIPがパイプライン処理でデータを読み書き中にエラーが発生している状況で、環境に依存し発生することが多いです。また、バックアップ対象/保存先/転送中のデータ に依存するため、トラブルシュートの調査範囲が非常に広いエラーです。

AIP側で確認されている現象の一部はナレッジで公開されています。

1)重複排除バックアップ時に ERROR: 9999 が発生することがある

この現象は、最新版にしてもエラーが解消できない場合があります。その場合は、記事2)にございます、重複排除から標準圧縮を使用してバックアップを実施下さい。

2)バックアップを実行すると例外エラー 0xc000001d が発生し Exit Code -701でエラーとなる

この現象は、特定の環境のCPUに依存します。
システム情報を見ると、プロセッサがIntel Xeon Gold/Silver/Bronze と表示されます。

AIP2016 は古い製品で、製品のライフサイクル上、サポートが終了しているため、条件が合致した場合は、記事の通りの現象が発生しますので、AIP2018以降にアップデートをお願いします。

-999エラーは、予期しないWindows/Linuxエラーです。これはシステムの何らかのエラーに基づき発生しますが、ActiveImage Protector側に依存した要因もございます。例えば、AIP 2018 update6では、初回が増分タスク動作の場合にこのエラーコードで失敗します。

AIP2018 update7の初期バージョンにおいて、大容量ボリュームの増分バックアップが正常に行えず、ファイルを分割していないにもかかわらず、分割ファイルを求められる場合にも、-999エラーが発生するという現象が確認されています。

AIP2018 update7 のAIPコンソールメニュー、[ヘルプ]>[バージョン情報]の製品情報において、エージェントバージョン/コンソールバージョンが5.1.11.6500以下の場合は、アップデートをお願いします。導入時に発生していなくても、運用し続けていると増分の取りこぼしが発生する可能性が高まります。
また、この初期バージョンでWinPEの起動環境を作成し使用した場合に、OEMパーティションの後方にあるようなGUIDが付いていないパーティションを含むバックアップが-999エラーで失敗する場合があるため、アップデート後に起動環境の作成し直しもお願いします。

アップデータ
(パッチ適用後)
製品バージョン               :5.1.11.6326
エージェントバージョン:5.1.11.6665
コンソールバージョン    :5.1.11.6665

尚、その他のエラーについて、エラーコード一覧の記事の内容だけである程度判断できるものもあります。

例)
1) -702
イメージ保存先の空きが不足している状態です。空きを確保することで解決が可能です。

2) -403
保存先を参照できない状況です。既存のタスクを編集して、保存先への参照ができるかを確認して下さい。保存先がネットワークの場合、こちらの記事が参照頂ける場合があります。

3) -321
このエラーの前提として、AIPのタスクの高度な設定にて、スナップショットの作成前後/イメージ作成後 に、お客様側で作成されたスクリプトを設定しています。

ここで設定したスクリプトが正常に完了していない場合(errorlevelが0以外を返している場合)に発生するエラーコードで、バックアップはエラーになります。

確認としては、管理者権限でスクリプトを実行し、その後に echo %errorlevel% で正常に完了していれば 0となります。それ以外が出力された場合、 AIPでタスク実行時、エラー-321が発生します。

問題がなければ、AIPの「2 保存先の指定」タスク作成>高度な設定 — スクリプト に、作成したバッチを改めて実装します。尚、-321は、スクリプトのタイムアウトの時間に達しても発生します。VSSスナップショットの一時ファイル保持等の都合上、タイムアウトの設定の最大値は60分(デフォルト30分)で設計されておりますので、処理に時間のかかる内容はお控え下さい。また、対話形式の処理が含まれているものは停止せず処理するように設計下さい。

この機能に関して、タスクの動作時に常に全てのスクリプトを実行したい場合は、スクリプト設定画面の「タスクの実行エラー時でも指定したスクリプトを全て実行する」のチェックをオンにして下さい。この機能がオンの場合、スクリプト処理やバックアップが失敗したとしても、その後に動作予定のスクリプトは強制的に動作させます。オフの場合は動作しません。例えば、「スナップショット実行前に実行するスクリプト」が失敗した場合や、スクリプトが正常処理した後にVSSスナップショットの作成が失敗した場合、その後のスクリプトは動作しません。ただし、VSSスナップショットの作成失敗の場合は、エラーコードは -321ではなく、VSSのエラー-311になります。

但し、AIP2022では、この機能に関して仕様通りに動作しない不具合があります。
Windows版の場合は、製品プログラム/パッチの「Windows用6.5.0.7616+アップデートパッチ 22.09.08.01」を適用しご利用ください。

Linux版の場合は、製品プログラム/パッチの「Linux用 6.5.0.7613 +アップデートパッチ 2207251652」を適用しご利用ください。

また、スクリプトの内容について、導入当初に問題がなくても、AIPに依存せず、環境の状況に依存しエラーが発生する場合があります。その場合は、手動でのスクリプト動作確認を行い、正常動作できるようにメンテナンスしてください。

最後になりますが、Linux版のエラーコードはWindows版と共通のため、原則としてWindows版と同じような考え方を用いたトラブルシュートが必要となります。しかし、スナップショットのエラーについてはWindows版と異なります。こちらに関してナレッジが幾つか公開されています。

Linux版の Exit -312のトラブルシュート

SLES/openSUSEを利用する際の注意点

yum update 後、バックアップが exit code -312 で失敗する

基本的には上記のような現象の調査において、AIPのタスクログ、システムの構成、lsmodコマンドを用いることにより、スナップショットドライバーのロード可否の状況や、Linuxシステムログを参照し、ある程度の類推を立てることは可能です。

Support T.

ActiveImage Protector 2022 バックアップイメージファイルの命名規則とバックアップファイルの内容を検索する方法

ActiveImage Protector 2022より、バックアップイメージファイルの命名規則が変わりました。

AIP2022のイメージファイルの命名規則について の内容になりますが、イメージファイルのセキュリティの向上を目的とした仕様の変更によって、イメージファイルの名前を変更することができなくなりました。

複数の環境のイメージファイルを管理する場合は、任意の名前のサブフォルダーを作成してから、イメージの保存先として指定して頂ければと思いますが、すでに作成した後に、保存先にバックアップイメージがあるが、どの環境のものかがわからなくなった場合に、検索する方法があります。

続きを読む…

ハイパーバイザーホスト、エージェント、エージェントレスのスケジュール運用について

ActiveImage Protectorのスケジュール運用において、各機能での複数スケジュールタスクの同時刻実行、および世代管理に関する仕様とその注意点について説明します。

ActiveImage Protectorは、世代管理でスケジュール管理を行うことができます。また、世代はフルバックアップ+増分バックアップを1つの世代としてカウントします。

保有ポリシーを設定することで自動削除が可能となりますが、フルバックアップ(ファイルの拡張子aiv)+増分バックアップ(ファイルの拡張子aii)を1つの世代として認識するので、自動削除が行われる条件はフルバックアップの作成になります

続きを読む…

ActiveImage Protectorの保存先隔離機能について

ActiveImage Protector (以降一部 AIP と略す)には、ランサムウェアの対策として保存先隔離機能が実装されており、4種類の設定方法があります。この記事では、AIP2022 バージョン 6.5.0.7616を使用し、これらの機能の動作仕様と注意点について簡単に説明します。

スケジュール作成時の保存先の指定画面で、保存先隔離オプションの有効化が可能です。
1) バックアップ後にドライブレターを解除する
2) バックアップ後に 保存先 をオフラインにする
3) バックアップ後に 保存先 のリムーバブル USB HDD を取り外す
4) バックアップ後に 指定したネットワークを無効にする

続きを読む…

Wasabiテクノロジーアライアンスパートナーに

この度、弊社はWasabi Technologies(Wasabi)社のWasabiテクノロジーアライアンスパートナーになりました。
今後、両社の専門知識・技術を活かしたより良いサービスをお客様にご提供いたします。

Wasabi社は、米国を拠点とするオブジェクトストレージサービスプロバイダーです。Wasabi Hotクラウドストレージと呼ばれる大容量かつ低価格で使える​クラウドストレージサービスを提供しています。

そして、最も注目されるのは、データ転送料が発生しないということです。Amazon S3であれば転送量に対する課金が発生しますが、Amazon S3互換のWasabiでは転送量に対しての課金が発生しません。つまりいくらデータをダウンロードしても追加料金が発生しないということです。

Wasabi社の公式サイトにActiphy&Wasabiのソリューション概要が掲載されています。英語ではありますが、興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。

続きを読む…

ActiveImage Protector とRDXについて


最近出張が増え、新幹線に乗る機会が増えましたが、新幹線も結構混んできているのを見て少しほっとしています。

しかし、IT機器など色々な物の生産が安定しないので、納期の話なども話題に上がっています。
そして、ランサムウェア対策と長期データ保管の件などの課題もたくさんある中で、弊社では昨年 ActiveImage Protector 2022をリリースしましたが、ActiveImage Protector 2018 Update for RDX についてはアップグレードをしていませんでした。5月末にアップデートをリリースした ActiveImage Protector 2022よりLTOに対応しましたので、最近そのお問い合わせが増加しており、そんな中、RDXについてもお問い合わせが増えています。

RDXは、LTOよりコスト面と扱いやすさなどから、取り外せる記憶媒体の選択肢としては、導入しやすい記憶媒体です。しかし、そんな中で ActiveImage Protector 2018 Update for RDXの販売終了のご案内となり、一部のマニアなお客様の間では話題となっていたようです。

「ActiveImage Protector 2018 Update for RDXでなければ、RDXを保存先として使用できないか?」といったお問い合わせをいただきますが、RDXはWindowsのマシンに接続した場合、認識はリムーバブルディスクとなります。そのため、Windows版に関しましては、一つ前のバージョン ActiveImage Protector 2018 Update Server Editionでもご使用いただくことが出来ます。このため、ActiveImage Protector 2022でも、RDXを保存先としてご利用いただくことが出来ます。

では、「何が for RDXだったか?」と思われると思いますが、バックアップ後に自動的に媒体をイジェクトする機能があるか?またはないか。の違いになります。

バックアップ完了後にRDXのメディアをイジェクトすることにより、ランサムウェアの感染予防対策などの目的があります。

ActiveImage Protector 2022は5月30日にアップデートを行い、ActiveImage Protector 2022 Server などにこのイジェクト機能がマージされました。

使用方法は ActiveImage Protector のコンソールより、下図のように環境設定から一般設定をクリックします。

すると下記のように設定画面が表示されますので、下記の部分にチェックを入れます。

上記の設定を行うと、バックアップタスク作成の保存先指定の画面で、下図のようにRDXに特化した設定画面が表示されます。この設定画面がfor RDX専用の画面と同様になります。

通常のActiveImage Protectorの画面では隔離オプションの画面となっており、上記の設定のRDXオプションのチェックを外した場合、ノーマルの下記のような設定画面が表示されます。

用途に合わせてRDXをイジェクトすると、ソフトウェア的な遮断とするか、または何もしないかをお客様のお好みで設定することができます。

今回アップデートしました ActiveImage Protector 2022 の Windows版では、このように for RDX の機能を含めたリリースとなっております。もちろん、RDXの他にNAS、USB機器、LTOにも対応しております。

尚、ActiveImage Protector 2018 Update Linux for RDXについては、ライセンスは ActiveImage Protector 2022 Linuxに統合され保存先としてRDXをサポートしておりますが、2022 Linuxにイジェクト機能はございません。
(2022/7/28 追記:7/28公開のアップデートパッチ(パッチバージョン:2207251652)により、ActiveImage Protector 2022 Linux にRDXのイジェクト機能が追加されました。詳細はこちら)。

ActiveImage Protector はRTO削減できる実践的なバックアップソリューションです。

今後も様々なソリューションに発展するべく開発を進めてまいりますので、今後とも引き続き ActiveImage Protectorシリーズを宜しくお願い申し上げます。

ご不明な点はお気軽に弊社までご連絡ください。

By Sato

ランサム対策のお問合せ増えています。

今年は年明けからランサムウェア対策のお問合せが増えています。

ここ最近でも企業のランサム感染のニュースがあり、実際はランサムウェアだけではありませんが、システムを止めなくてはならない(システムが停止してしまう)状況になっています。

システム停止=業務も停止となり大問題になるのですが、さらにシステムの復旧が出来なければ問題が大きくなり被害が広がります。事業規模にもよりますが、今やパソコンやサーバーなどを使用していない法人はないかと思います。もちろん行政機関、病院、学校なども同様です。

完全なローカルエリアネットワークだけで運営するのは製造ラインなどではあるかと思いますが、インターネットへの接続をしているシステムが多く、それらの対策を本格的に考える必要があるようです。

続きを読む…

Amazon S3互換クラウドスドレージへの直接バックアップ保存

前回のブログでは、ActiveImage Protector 2018でAmazon S3と互換性のあるWasabiクラウドストレージへのバックアップレプリケーション方法をご紹介しました。ActiveImage Protector 2022のリリースにより、レプリケーションだけでなく、バックアップイメージを幅広いAmazon S3互換ストレージへ直接保存することが可能になりました。
今回は、Amazon S3互換ストレージへ直接バックアップする手順をご紹介します。

続きを読む…

ActiveImage Protector(AIP) トラブルシュート その2 書き込みエラー編

ActiveImage Protectorでバックアップ運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば、何が起きているかある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。

エラーコードを公開していますのでご参照ください。

今回は -553と-559について取り上げます。エラーは下記を意味します。

-553 : 開いているファイルはありません(保存先にアクセスができない)
-559 : 保存先への書き込みエラー(保存先への書き込みが継続できない)

続きを読む…

ActiveImage Protector(AIP) トラブルシュート その1 VSSエラー編

ActiveImage Protectorの運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。
調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば何が起きているか、ある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。

エラーコードを公開しているのでご参照ください。

今回は -311 VSSを開始することができません について取り上げます。

続きを読む…