ActiveImage Protector 2022 Linuxのインストール方法

昨年11月、ActiveImage Protector 2022 Linux をリリースしました。
この最新バージョンは、ほとんどの Linux システムをサポートしています。

今回、インストール環境 AlmaLinux 8.5 の場合を例に挙げて、ActiveImage Protector 2022 Linux インストールファイル(.iso)内の AIP-package-tool.sh で ActiveImage Protector 2022 Linux のインストール方法をご紹介します。
ご参考になれば幸いです。

● インストール手順
1.Actiphy ウェブサイトのダウンロードページより、プログラム(.iso)をダウンロードします。

ダウンロードする際は、製品版のプロダクトキーが必要です。

2.  ダウンロードしたプログラムの保存先を確認します。
本例では、プログラムの保存先を「 /root/ダウンロード」にします。

3.コマンドライン端末を開き、下記のコマンドでプログラムのインストールファイル(.iso)をマウントします。

sudo mkdir /media/iso

mount /root/ダウンロード/AIP2022Linux_b7292_20211112.iso /media/iso -o loop
cd /media/iso

4.インストールファイル内のAIP-packages-tool.shを下記のコマンドでブートします。

./AIP-packages-tool.sh

5.  表示されているインストールメニューからインストールしたい項目を確認し、数字を入力します。
一般的に[3]、[4]、[6]の項目を順番にインストールするケースが多いので、本例でも[3]、[4]、[6]をインストールします。

(1)数字「3」をコマンドラインで入力し、AgentとGUIのインストールを実行します。

(2)数字「4」をコマンドラインで入力し、Kernel-develのインストールを実行します。

(3)数字「6」をコマンドラインで入力し、提示されるインストールプロセスによって
ActiveImage Protector Linux のインストールを行います。

6.インストール完了後、「アプリケーションを表示する」をクリックし、表示される ActiveImage Protector を起動します。

30日間使用可能な評価版もご用意しています。
幅広いディストリビューションに対応した ActiveImage Protector 2022 Linux を是非ご活用ください。

Sales  YBS

VMworld 2021 Japan 出展の裏側①

11月25日(木)、26日(金)に開催されるWeb版「VMworld 2021 Japan」にアクティファイは出展致します。詳細は下記をご参照ください。

VMworld 2021 Japan | VMware

今回、弊社はコンテンツだけの出展ではありますが、資料とビデオを2本といった感じで、現在予想より締め切りが早く焦って作成に入っています。

続きを読む…

永久増分バックアップ運用のポイントについて

ActiveImage Protectorは、初回だけフルバックアップ(ベースバックアップ)を実行し、以降は増分バックアップ運用を行うスケジュール設定が可能ですが、環境にもよりますが増分イメージファイル数の増加により増分バックアップの処理時間が長くなる傾向があります。

今回、ActiveImage Protectorのアドオン・オプションのImageCenter LEに搭載されている「結合」機能を使用して、増分イメージファイル数を減らすことにより増分バックアップの処理時間が改善されるか試してみました。

続きを読む…

ActiveImage Protector 2022情報解禁①

全国6,000万人のActiveImage Protectorファンの皆様にお知らせ致します。


2021年11月の予定ですが、ActiveImage Protector 2018から2022へアップグレード致します。
今回は名称変更だけではなく、久々のメジャーアップグレードとなります。

メジャーアップグレードだけに、ActiveImage史上最大の機能アップと言ってしまっても差し支えないのではないかと思っています。もう、これはその、あれなのです。次世代、いや、これからのスタンダードとなるインフラストラクチャーに適応する第一弾!なのではないかと思います。

今回のコンセプトは、

-古き良き物と新しい物の融合-

機能で説明すると、現在まで長年バックアップ用途で使用されているテープバックアップの対応(LTO)、そして国内でもハイブリット環境が増えていますが、パブリッククラウドの対応です。

続きを読む…

AIPBEのUSBメモリー作成手順 (Linuxベース編)

以前、Windows PEベースのAIPBEをUSBメモリーに作成する手順を紹介しました。
今回は、標準品として付属しているLinuxベースのAIPBEをUSBメモリーに作成する手順を紹介します。

[手順]
1. Windows環境にサードパーティ製のアプリケーションRufus をダウンロード
2. Rufus を実行してUSBメモリーにAIPBEを作成

続きを読む…