ActiveImage Protector 2022 アクティベーションについて

ActiveImage Protector 2022では、ActiveImage Protector 2016/2018 からアクティベーションの仕組みが変更され、下記のいずれかの方法で運用可能です(以降、ActiveImage Protector を AIPと略)。

運用方法:

  1. オンライン環境であれば、ご購入のキーをそのまま使用
  2. オフライン(クローズド)環境の場合、ご購入のキーをオフライン化し使用

AIP2016/AIP2018も同様ですが、オンラインキーで運用する場合には、AIPはサービスを介して定期的にオンラインサーバーへ認証チェックを行う必要があります。そのため、構築時にはオンラインで、実運用ではオフラインとなる場合も 上記 2. が該当します。

また、オンライン環境での運用では、プロキシを使用してインターネットに接続している場合は、AIPコンソールからプロキシ設定を行ってください。

技術資料にて、各製品の「アクティベーションガイド」を公開しています。また、同サイト内に「セットアップガイド」や「クイックガイド」もございますのでご活用ください。

*過去、ActiveVisorをオンライン可能な環境にインストールし、AIPのオンライン認証を代理で行う、という方式を取ることができました。しかし、現在この仕組みは無いので、物理キーはオフラインファイルまたは Actiphy Authentication Service(AAS)を使用し運用ください。Virtual Editionで、かつオフライン環境でゲストのエージェント/エージェントレス運用を行うためには AAS の使用が必要です。

*AAS を使用する場合には、AIP2022をご利用ください。

プログラムは下記のサイトにて公開しています。
AIP2016/AIP2018をご利用の場合、AIP2022ではプロダクトキーが異なりますので、後述のアップグレード申請後にダウンロードしてご利用ください。
プログラム – Actiphy.com | Japan

また、AIP2022へのアップグレードやアクティベーションに関しては複数のナレッジがございますのでご活用ください。 
・アクティベーションは、前述のアクティベーションガイドをご参照ください。
・旧バージョンからのアップデートの注意点として、以下に一部のナレッジをご案内します。

アクティベーション方式の混在について

AIP2018 Update7以降のアップグレードについて

AIP2022における起動環境作成について

AIP2022のイメージファイルの命名規則について

Actiphy Authentication Service(AAS)導入における考慮点

ウイルスバスターがインストール済みの環境でAIPのインストールに失敗する

イメージ フォーマットの互換性について

AIPのプロダクトキーの互換性

●アップグレードの申請方法について
サポート期間内のお客様にAIP2022のプロダクトキーを発行いたします。

AIP2016/AIP2018からAIP2022のアップグレードを実施する場合は、申込みフォームの内容をご確認の上、お申込みください。

申請サイト内のご説明の通り、申請が受理されますと旧バージョンはご利用頂けなくなりますのでご注意ください。

Support T.

ActiveImage Protector で、Windows起動環境でiscsi接続し使用する

ActiveImage Protector(以降AIPと略す)は、Linux版では起動環境で起動後、ナレッジに記載のiscsiで接続するための方法を実施することでiscs接続のストレージを取り扱うことが可能となります。

しかし、Windows版の起動環境では、ナレッジの通り、正式なサポートをしておりません

ただし、Windows版の起動環境でiscsi接続を実現する方法はございますが、全ての条件下で行えない可能性があるため、当ブログでは実践し確認ができた方法を記載します。
当該記事は下記の環境を元に作成しています。

続きを読む…

Eメール通知に無料のGoogleアカウントを使用する際の注意点

ActiveImage Protector(以降「AIP」と略す)のEメール通知設定で無料のGoogleアカウントを使用する際、基本的にはSMTPの情報を入力しなくてもメールアドレスだけで送れますが、「短時間に連続で送ろうとすると通知が安定して送れない」や「SMTPサーバーを使用する際はGoogle側で別途アプリパスワードの作成が必要」になります。SMTPの情報を入力すれば、安定してメール通知が送れます。

「アプリパスワード」が必要になった理由は、Googleが2022年5月30日から安全性の低いアプリと Google アカウントのセキュリティを向上したためです。

続きを読む…

ActiveImage Protector Linux の保存先隔離機能について

ActiveImage Protector Linux(以降一部 AIP と略す)には、ランサムウェアの対策として保存先隔離機能が実装されており、3種類の設定方法があります。
この記事では、AlmaLinux 8.5 + AIP2022 linux バージョン 6.5.1.7719を使用し、これらの機能の動作仕様と注意点について簡単に説明します。基本的には各機能とその動作仕様はAIPのWindows版と同じです。

続きを読む…

ActiveImage Protector(AIP)トラブルシュート その3 パイプラインエラーとプラットフォームエラー等

ActiveImage Protector でバックアップ運用中にトラブルシュートが発生した場合、行うアクションは複数あります。調査依頼を頂く際には、基本的にはサポート情報があれば、何が起きているかある程度の類推が立てられます。
*全てがそうとは限りません。エラーの原因究明が困難の場合には、サポート情報をご提供頂き、調査が必要になります。

エラーコードを公開しているのでご参照ください。

今回は -701 と -999ついて取り上げます。エラーは下記を意味します。

-701 : パイプラインエラー
-999:予期しないPlatformのエラー

続きを読む…

ActiveImage Protector 2022 バックアップイメージファイルの命名規則とバックアップファイルの内容を検索する方法

ActiveImage Protector 2022より、バックアップイメージファイルの命名規則が変わりました。

AIP2022のイメージファイルの命名規則について の内容になりますが、イメージファイルのセキュリティの向上を目的とした仕様の変更によって、イメージファイルの名前を変更することができなくなりました。

複数の環境のイメージファイルを管理する場合は、任意の名前のサブフォルダーを作成してから、イメージの保存先として指定して頂ければと思いますが、すでに作成した後に、保存先にバックアップイメージがあるが、どの環境のものかがわからなくなった場合に、検索する方法があります。

続きを読む…

ハイパーバイザーホスト、エージェント、エージェントレスのスケジュール運用について

ActiveImage Protectorのスケジュール運用において、各機能での複数スケジュールタスクの同時刻実行、および世代管理に関する仕様とその注意点について説明します。

ActiveImage Protectorは、世代管理でスケジュール管理を行うことができます。また、世代はフルバックアップ+増分バックアップを1つの世代としてカウントします。

保有ポリシーを設定することで自動削除が可能となりますが、フルバックアップ(ファイルの拡張子aiv)+増分バックアップ(ファイルの拡張子aii)を1つの世代として認識するので、自動削除が行われる条件はフルバックアップの作成になります

続きを読む…

ActiveImage Protectorの保存先隔離機能について

ActiveImage Protector (以降一部 AIP と略す)には、ランサムウェアの対策として保存先隔離機能が実装されており、4種類の設定方法があります。この記事では、AIP2022 バージョン 6.5.0.7616を使用し、これらの機能の動作仕様と注意点について簡単に説明します。

スケジュール作成時の保存先の指定画面で、保存先隔離オプションの有効化が可能です。
1) バックアップ後にドライブレターを解除する
2) バックアップ後に 保存先 をオフラインにする
3) バックアップ後に 保存先 のリムーバブル USB HDD を取り外す
4) バックアップ後に 指定したネットワークを無効にする

続きを読む…

Wasabiテクノロジーアライアンスパートナーに

この度、弊社はWasabi Technologies(Wasabi)社のWasabiテクノロジーアライアンスパートナーになりました。
今後、両社の専門知識・技術を活かしたより良いサービスをお客様にご提供いたします。

Wasabi社は、米国を拠点とするオブジェクトストレージサービスプロバイダーです。Wasabi Hotクラウドストレージと呼ばれる大容量かつ低価格で使える​クラウドストレージサービスを提供しています。

そして、最も注目されるのは、データ転送料が発生しないということです。Amazon S3であれば転送量に対する課金が発生しますが、Amazon S3互換のWasabiでは転送量に対しての課金が発生しません。つまりいくらデータをダウンロードしても追加料金が発生しないということです。

Wasabi社の公式サイトにActiphy&Wasabiのソリューション概要が掲載されています。英語ではありますが、興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。

続きを読む…

ActiveImage Protector とRDXについて


最近出張が増え、新幹線に乗る機会が増えましたが、新幹線も結構混んできているのを見て少しほっとしています。

しかし、IT機器など色々な物の生産が安定しないので、納期の話なども話題に上がっています。
そして、ランサムウェア対策と長期データ保管の件などの課題もたくさんある中で、弊社では昨年 ActiveImage Protector 2022をリリースしましたが、ActiveImage Protector 2018 Update for RDX についてはアップグレードをしていませんでした。5月末にアップデートをリリースした ActiveImage Protector 2022よりLTOに対応しましたので、最近そのお問い合わせが増加しており、そんな中、RDXについてもお問い合わせが増えています。

続きを読む…