‘#セミナー’ タグ

ActiveImage Protector セミナー in 台湾高雄

昨年12月、 ActiveImage Protector の台湾の販売代理店 GATI(General Advanced Technology Inc.)が台湾高雄で「予算を50%削減すると同時に、災害復旧パフォーマンスを50%向上させる」と題した ActiveImage Protector のセミナーを開催しました。

本セミナーでは、エンドユーザー様を対象に、ActiveImage Protector のバックアップの運用により、予算目標とパフォーマンス目標の双方を現実的に達成できることについて、事例を踏まえて分かりやすく解説しました。

いつも通り、映画館の劇場ホールを丸ごと貸切り、資料を映しながら迫力あるプレゼンテーションを行いました。

セミナー終了直後、ユーザー様が講演者に質問する様子に皆さまの関心の高さを感じました。

限られた予算内で、バックアップのコストパフォーマンスの良い成果を期待されるお客様は ActiveImage Protector にお任せください!

年末の繁忙期にセミナーにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

YBS

セミナー便り 第四十二号<2019年5月のセミナーと ActiveImage Deploy USB よくある質問>

2019年春の日本橋は、4月7日まで桜イベント、桜グッズに桜をイメージしたお料理やお菓子と桜づくしです。江戸通りの桜並木は満開ですが、まだつぼみもあるので今週末まで楽しめそうです。
福徳の森はしだれ桜が満開を迎えています。NIHONBASHI SAKURA FESTIVAL 2019 の参加製品でもある“白百合醸造のさくらワイン”を知り合いにいただきました。
桜の花がワインの中に入っていてとっても可愛いです。味は甘くジュースのように飲めてしまうので危険です。さくらイベントの次は毎年大人気の第7回日本酒利き歩きが4月13日に開催されます。





 

5月のセミナーは、5月15日(水)ActiveImage Deploy USB、5月29日(水)ActiveImage Portector Virtual Edition のセミナーです。

ActiveImage Deploy USBですが、大量のPCの新規導入案件や、Windows 10 へのアップデート案件などでお問い合わせ殺到中です。
5月のセミナーからパソコンのキッティングを ActiveImage Deploy USB を利用して作業の効率化をはかるため、自動応答ファイルを使用したSysprepの実行デモもセミナー内容に含めました。
5月のセミナーの詳細内容とお申込みはこちらからご確認ください。

よくいただくお問い合わせ内容を以下にまとめてみましたので、参考にしてください。

Q1. ActiveImage Deploy USBとは
システムインテグレーターや VAR/OEM 向けに開発したUSB メモリだけでクローニングを行えるコンピューターのキッティングツールです。
ActiveImage Protector のエンジンを搭載したデプロイ用 USB メモリを作成し、簡単、高速、確実なキッティングを実現します。

Q2.ActiveImage Deploy USBとActiveImage Deploy USB Plusの違いは何ですか?
A.両製品共に1ライセンスで1回のクローニングが可能です。
更にActiveImage Deploy USB Plusは、クローニング後、障害時などに出荷時の状態に戻す事ができるよう、「復元用USBメモリ」の作成と利用権利が含まれています。

Q3.製品にUSBメモリは含まれていますか?
A.いいえ、含まれておりません。デプロイするマスターイメージの容量に適したUSBメモリを必要数ご用意ください。

Q4.USBメモリの必要容量の計算方法を教えてください
A. USBメモリには2つのパーティションを作成します。
1つ目はブート用で1.5GBを割り当てます。
2つ目はイメージの保存用で、残り容量を割り当てます。
イメージファイルのサイズは、圧縮して保存しますので元の容量の7割程度を想定してください。
Windows10 の場合はイメージが最低でも8GB程度はありますので、16GB以上のUSBメモリが必要です。推奨は32GB以上です。

Q5.インターネット環境がない場合でも利用可能ですか?
A.ライセンス管理にインターネットを使用するため、デプロイメントUSBメモリの作成、更新時にインターネット環境が必要です。作成したUSBメモリでクローニングをする際には不要です。

Q6.複数のイメージを1つのUSBメモリに入れることはできますか?
A.できません。例えば100台のクローニングを行う際に4パターンの構成がある場合には、それぞれ元となるイメージを作成して、クローニングする台数を設定したUSBメモリを作成してください。

Q7.クローニング用と復元用のUSBメモリは同じものを使えますか?
A.クローニング用と復元用は用途が異なるため、それぞれ作成する必要があります。

Q8.80台のコンピューターにクローニングする際に必要なライセンスは?
A.ActiveImage Deploy USBの場合、80台がクローニング対象のコンピューターの場合80ライセンス必要です。80台の内、1台に元となるOSやアプリケーションをインストールして、そのイメージを展開する場合は、79ライセンス必要です。
ActiveImage Deploy USB Plusの場合、80ライセンス必要です。

Q9. ActiveImage Deploy USBを実際に使用してみたい場合にはどのような方法がありますか?
A.ActiveImage Deploy USB for Desktopは、評価版でお試しいただけます。
無償の実践セミナーも開催しています。

Q10.年間サポートサービスの内容は?
A.初年度のサポートサービスはライセンス価格に含まれています。
内容は技術サポートサービスとアップデートです。アップデートは未使用のライセンスにのみ適用いただけます。翌年度以降のサポートサービスはライセンス購入時にのみ一括でご購入いただけます。
特に、ActiveImage Deploy USB Plusをご購入いただくお客様で複数年サポートが必要な場合には、ライセンス購入時に必ずご購入ください。サポートサービスのみの販売はおこなっておりません。

GATI(台湾)セミナーレポート 2018年6月15日 台中

ActiveImage Protector を台湾で販売している General Advanced Technology Inc.(GATI)が、5月9日に続いて、6月15日に台中でのジョイントセミナーの様子を知らせて来てくれました。

セミナータイトルは、「次世代のセキュリティ脅威とその防御について」です。

 

GATIは、セキュリティの防衛対策としてActiveImage Protector を利用しての基本的なバックアップ構成の紹介をしました。

 

申込者60名に対して参加者65名ととても関心の高いセミナーでした。

 

セミナーの様子はこちらです。

今回もご来場いただいたお客様から沢山ご質問もあり、バックアップの必要性を充分理解いただけた

セミナーになったようです。

GATI(台湾)セミナーレポート

海外での販売数も年々増えてきている ActiveImage Protector ですが、台湾のパートナー General Advanced Technology Inc.(GATI)が、台北にて5月9日(水)に「Security and backup(セキュリティのサイレンを鳴らして、バックアップのインフィニティ・ウォー)」と題して、ユーザー様向けセミナーを開催しました。セミナーの様子を写真と共に送付してくれましたのでご紹介します。

今回のセミナーは、「セキュリティの脅威とその対策」、「Cloudへのバックアップ」、「新バージョン ActiveImage Protector 2018」についての講演でした。

GATIのマネージャーとエンジニアの講演の様子

 

多くのお客様で熱気あふれるセミナー会場

 

ご来場いただいたお客様は最後まで熱心に聞いてくださり、ActiveImage Protector のご質問も沢山いただいたそうです。

セミナー終了後、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)』を上映して、セミナー参加の皆様と映画鑑賞をしたそうです。

ネットジャパンセミナー便り38号 ~2018年6月セミナー日程

真夏のように暑くなった、と思っていたら急に涼しくなったり、皆様体調くずされていませんか?

もうすぐ6月、あじさい通りのあじさいもあと少しで見頃になりそうです。

6月といえば、「ジューンブライド(June Bride)」「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」というヨーロッパの言い伝えですが、日本でも定着していますよね。先日、以前一緒に仕事をしていた同僚に結婚のお祝いの品を贈ることになりました。近しい友達なので、希望の品物を聞いたところ「夫婦茶碗とお椀」というリクエストで、お椀は日本の良い物、美しい物を紹介しているコレド室町にも入っている、宮内庁御用達、漆器の山田平安堂( http://www.heiando.com/ )のものを選びました。

庶民には“宮内庁御用達”とは、今は御用達制度はなくなっていて、非公式の看板だそうですが、それでも結婚式のお祝いにピッタリ!と勝手に満足して、お茶碗は、色鮮やかな有田焼の源右衛門釜

http://www.gen-emon.co.jp/ )の夫婦茶碗にしました。

今回はお茶碗とお椀両方でしたので、日本橋三越の食器売り行き、“夫婦(め・お・と)” がキーワードなので、サイズ違い、お揃いで色違い!これははずせないという事で何時間も選べずに、予算もあり、その中でより良く、長く使ってもらえそうで、更に彼女のイメージにあった物を探すのに、売り場の方に色々相談して、カタログも見せてもらい、店頭にない気になった商品は全て取り寄せてくれて、最終的に気になった商品を全部並べて選ばせてもらいました。

以前に行ったお線香の専門店もですが、日本橋のお店はお話をして相談して、アドバイスをもらって購入できるお店が沢山あります。ちょっとしたものから、きちんとした商品が必用な場合も本当に助かります。

私達の気持ちと、三越の店員さんの努力が彼女に伝わったかどうか、お椀とお茶碗を手に持ったラブラブの写真を送ってきてくれました。

 

6月のセミナーはServer Edition を中心としたセミナーです。

弊社のActiveImage Protector も開発から10年、こだわりにこだわって開発してきた製品です。

AIPファン、AIPファミリーと思って下さっている方々に支えられて、今の製品となっています。

お客様の製品選びから購入後の個々のお客様にあった使用方法をご提案することがセミナーの目的です。

是非お気軽にご参加ください。

6月13日(水) ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot 14時から17時

第一部はActiveImage Protector のデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Edition のインストール
  2. 重複排除機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. バックアップイメージをImageBootで仮想環境上で起動
  5. ImageCenter LEでイメージファイルの結合とレプリケーションを実行

 

6月27日(水) ActiveImage Protector Server Edition + vStandby AIP 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. ActiveImage Protector Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. vStandby AIPで、ESXiホスト上にスタンバイ仮想マシンを作成

 

セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

ネットジャパンセミナー便り36号 ~ 2018年4月セミナー日程

この週末、3月17日(土)に東京の桜の開花発表がありました。

先月まだつぼみだったおかめ桜は、終わりかけですが満開で今が見頃です。

日本橋の桜は来週末くらいから見頃になりそうです。

 

福徳神社の椿は、花が下から上までみっちりついていて、見応えがあります。

花が咲き出す春は、花粉症でつらいですけど、花を見ながらゆっくり歩くと

気持ちのリフレッシュもできます。

 

そして毎年大人気のイベント「第6回 日本橋エリア日本酒利き歩き2018」が

4月14日(土)開催されます。

http://sasas.jp/blog/event/kikiaruki6th.html

弊社のスタッフも、既に前売り券購入済みだそうです。

飲みすぎにだけご注意ください。

 

4月のセミナーはServer Edition を中心としたセミナーです。

世の中は春で華やいでいても、トラブルはいつ発生するかわかりません。

何かあってもすぐに復旧できるよう、是非ActiveImage Protectorでのバックアップをご検討ください。

 

4月18日(水) ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot  14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. バックアップイメージをImageBootで仮想環境上で起動
  5. ImageCenter LEでイメージファイルの結合とレプリケーションを実行

 

4月25日(水) ActiveImage Protector Server Edition + vStandby AIP  14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. ActiveImage Protector Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. vStandby AIPで、ESXiホスト上にスタンバイ仮想マシンを作成

セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

ネットジャパンセミナー便り34号 ~2018年2月セミナー日程

今週の月曜日、東京は久々の大雪でした。私が通勤に利用しているJRは止まることは無かったのですが、すごく混んでいて、肋骨が折れるのではないか?と思うくらいギュウギュウで、各駅では更に人がドンドン乗ってくるので耐え切れなくなり、バスに乗り換えようと、だいぶ手前の駅で降りましたがバスも長打の列でした。
結局、雪の中30分以上歩いて家に帰りましたが、凍っていない雪での上を歩くのは問題なく、見慣れた風景とは違う雪景色を堪能しながら、結構楽しく歩けました。
セミナールームの近くの福徳神社の雪景色を見に行ったら、隣の福徳の森に小さな雪ダルマがいました。交通の便が悪くなり、混乱も起こり、不便な思いをする方が沢山出てしまいますが、たまに見る雪景色は美しく、一日で大分溶けてしまうのが少し残念に思えました。

さて、皆様おみくじひかれましたか?
私は取引先の方から開運干支あめ(おみくじ付)を頂き、なんと“大吉”でした!!今年は良いスタートが切れたので、キーワードは“開運”で良いことが沢山あるように縁起の良いことをして行きたいと思っています。

2月のセミナーは新バージョン2018でのセミナーです。新規に導入をご検討の方も、アップデートを検討されている方も是非受講をご検討ください。

2月21日(水)ActiveImage Protector Server Edition +ImageBoot 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. バックアップイメージをImageBootで仮想環境上で起動
  5. vStandbyで仮想環境上に仮想スタンバイレプリカを作成

 

2月28日(水) ActiveImage Protector Server Edition +vStandby AIP14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. ActiveImage Protector Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. vStandbyで仮想環境上に仮想スタンバイレプリカを作成
  5. vStandby AIPで、ESXiホスト上にスタンバイ仮想マシンを作成

 

セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

 

ネットジャパンセミナー便り二十号 ~ 2016年12月セミナー日程

この季節になると毎年「もう年末、今年も一年が早かった」と思い、「今年こそ計画通りに年末を過ごして準備万端で新年を迎えよう!」と今年も「今年こそ!」と思っています。

ネットジャパンセミナールームまでの歩き方(http://www.netjapan.co.jp/blog/6953)で、一役買っていただいている、骨董品屋“海老屋美術店”さん(http://www.e-ebiya.com/)は、年に2回、がらくた市を開催されています。今年2回目の開催が11月22日(火)から25日(金)です。普段はなんとなく敷居が高くで入れないのですが、この時はリーズナブルな、というか数百円から買える品物があるので、気軽に覗けます。前回、大正時代のシャンパングラスを購入しました!今年のクリスマスとお正月に活躍してもらおうと思っています。私が生まれる、そして更に私の親が生まれる前からこの世に存在していて、大正 – 昭和 – 平成と、どうめぐりめぐって私の手元に来てくれたのか。気泡もあり、高価なものではありませんが、とっても柔らかな優しい感じがします。

#2_海老屋美術展 

 

#1_ミーコとシャンパングラス

12月のセミナーは、ActiveImage Protectorのオプション製品のvStandby AIPとImageCenter LEの便利な活用方法をご紹介いたします。説明がとってもわかりやすい!!と評価の高いセミナー講師が“違いは何?”と良く聞かれる3製品、ImageBootとvStandbyAIPとvStandbyの機能比較表を作成しました。製品資料としてホームページにも掲載しましたので是非ご覧ください。

(PDF)
http://www.netjapan.co.jp/nj/aip_arcv/2016/NetJapan-ImageBoot-vStandby-vStandbyAIP-comparison-jp-161028.pdf

そして、第二回目のセミナーは、Virtual Editionです。古いOS環境を仮想環境への移行を検討されている方必見!ネットジャパンのActiveImage Protector は、今ならまだWindows 2003の仮想環境への移行と移行後のバックアップもサポートしています。

日程と詳細実習内容は以下になります。

12月7日(水) ActiveImage Protector +vStandby AIP 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. ActiveImage Protector Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. Image Center LEでイメージファイルの結合とレプリケーションの実行と動作確認
  5. vStandby AIPで、ESXiホスト上にスタンバイ仮想マシンを作成

 

12月14日(水)ActiveImage Protector Virtual Edition 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージを仮想へ移行
  4. ImageBootを利用して仮想環境上でイメージファイルを起動
  5. Linux Editionのインストールとバックアップ設定

 セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

 

 

 


アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン