ActiveImage Protector 2022 Linuxのインストール方法

昨年11月、ActiveImage Protector 2022 Linux をリリースしました。
この最新バージョンは、ほとんどの Linux システムをサポートしています。

今回、インストール環境 AlmaLinux 8.5 の場合を例に挙げて、ActiveImage Protector 2022 Linux インストールファイル(.iso)内の AIP-package-tool.sh で ActiveImage Protector 2022 Linux のインストール方法をご紹介します。
ご参考になれば幸いです。

● インストール手順
1.Actiphy ウェブサイトのダウンロードページより、プログラム(.iso)をダウンロードします。

ダウンロードする際は、製品版のプロダクトキーが必要です。

2.  ダウンロードしたプログラムの保存先を確認します。
本例では、プログラムの保存先を「 /root/ダウンロード」にします。

3.コマンドライン端末を開き、下記のコマンドでプログラムのインストールファイル(.iso)をマウントします。

sudo mkdir /media/iso

mount /root/ダウンロード/AIP2022Linux_b7292_20211112.iso /media/iso -o loop
cd /media/iso

4.インストールファイル内のAIP-packages-tool.shを下記のコマンドでブートします。

./AIP-packages-tool.sh

5.  表示されているインストールメニューからインストールしたい項目を確認し、数字を入力します。
一般的に[3]、[4]、[6]の項目を順番にインストールするケースが多いので、本例でも[3]、[4]、[6]をインストールします。

(1)数字「3」をコマンドラインで入力し、AgentとGUIのインストールを実行します。

(2)数字「4」をコマンドラインで入力し、Kernel-develのインストールを実行します。

(3)数字「6」をコマンドラインで入力し、提示されるインストールプロセスによって
ActiveImage Protector Linux のインストールを行います。

6.インストール完了後、「アプリケーションを表示する」をクリックし、表示される ActiveImage Protector を起動します。

30日間使用可能な評価版もご用意しています。
幅広いディストリビューションに対応した ActiveImage Protector 2022 Linux を是非ご活用ください。

Sales  YBS

AIPBEのUSBメモリー作成手順 (Linuxベース編)

以前、Windows PEベースのAIPBEをUSBメモリーに作成する手順を紹介しました。
今回は、標準品として付属しているLinuxベースのAIPBEをUSBメモリーに作成する手順を紹介します。

[手順]
1. Windows環境にサードパーティ製のアプリケーションRufus をダウンロード
2. Rufus を実行してUSBメモリーにAIPBEを作成

続きを読む…

AIPBE ひっそりUpdateされています。

ActiveImage Protectorをご愛用の皆さま、お世話になっております。
2021年3月にリリースされています、ActiveImage Protector専用リカバリー環境「AIP2018 Update 8(Ver5.1.11.6632)」、通称 AIPBEがひっそりとUpdateされています。

現在のメディアキットに収録されている物は、2021年3月リリースのAIPBEですが、本年6月、バージョン自体は同一ですが、一部設定の見直しを行ったものをご用意しております。

こちらのビルドの入手につきましては、大変お手数ですが、アクティファイ営業本部まで電話:03-5256-0877、またはEメール sales@actiphy.com にてご連絡いただければ幸いです。
年間サポートサービス期間内のお客様に無償でご案内させていただきます。

今回の変更点ですが、2点ございます。

続きを読む…